ポイント噴流半田付け装置追加導入!

新たにポイント噴流半田付け装置「ULTIMA-MR-M(KOKI)」を追加導入致しました。

オールインワンシステムで「多品種少量」生産がさらに可能になりました!(大型基板まで対応可)

現在保有のポイント噴流半田付け装置「STS-500(セイテック)」と比べ、フラックスの塗布が自動で出来る設備となっております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

特性

  1. 高品質
    半田付けポイントごとに必要な半田量、及びコントロール。ノズル外周より加熱N2を噴射。
    ブリッジレス、スルーホールアップ向上に有効。
  2. NCソフト作成の簡易化
    「専用ソフト」(O/P)へ基板設計時のCADデータやガーバーデータを取り込み、「半田付け」NCプログラムを自動生成できます。
  3. 治具レス化
    ノズル先端部分は数種類のラインナップを取り揃え、パターンレイアウトにより選択可能です。
    傾斜型キャリアレス式半田付け装置で使用している「専用パレット治具」が不要で、製造コスト削減ができます。

装置の仕様

仕様項目 装置形式
ULTIMA-MR-M
基板サイズ MIN 50(W)×50(L)mm
基板サイズ MAX 300(W)×460(L)mm
基板厚 0.8-2.0mm
搭載部品高さ 上面60mm以下 下面25mm以下
リード線長さ 3mm以下
リード投入高さ 900±20mm
半田容量 約16㎏
窒素供給量 0.5Mpa 25ltr/min
総電源容量 3相 200V 7KVA
外形寸法 1370(W)×1510(L)×1135(H)mm
自重量 約750㎏(半田含む)