新しく導入しました半田印刷検査機のご紹介

ライン1へ導入していました、半田印刷検査機を「MIRTEC製:MS-11」へ変更しました。
高速マウンタに対応すべく、印刷検査機も性能UPです。
解像度が上がり処理速度の向上や、L寸基板が対応可能となりました。
なお、今までの検査機(SAKI製:BF-Spider)はライン3へ移設しました。
これで、さらに充実した2ラインをもって、品質向上に努めてまいります。

MIRTEC製:MS-11

MIRTEC製:MS-11

検査中の画面

検査中の画面

特性

1. 15MegaPixelカメラの搭載
高分解能で広域な領域を一括で撮影、検査が実施出来ます。

本機(MS-11)

本機(MS-11)

従来品

従来品

2. DualProjection
2つのProjectionを利用して影がない3次元イメージを取得し、測定精度を向上させました。

ms-11_04

3. レーザーによる基板のソリ補正
基板のソリが±2mm以上の場合、レーザーによる自動補正が出来ます。

ms-11_05


以下の機能は、現在、未対応となっております。将来的には活用出来る構成を考えております。

4. 印刷装置・マウンタとの連携システム
SPIの検査結果を基準にし、スクリーンプリンターを矯正します。

ms-11_06

5. DualLaneに対応
2枚の基板を同時に引き込み、検査が出来ます。

ms-11_07